薄毛を諦めていませんか?諦める前に治療するべきです!

男性にとって性的な悩みと同じ位に髪の問題は重大です。性的な悩みは言わないと分かりませんが、髪は言わなくてもバレてしまいます。年齢が増せば多少は諦めもつきますが、若いしかも10代からとなるとこれは大変です。AGAなど若い方が治療の効果も高いので諦めずに治療スタートしましょう。

*

若くてもハゲてしまう「若年性脱毛症」の原因・症状とは?

      2016/10/28

高齢になると薄毛になるイメージもありますが、10~20代の比較的若い世代でも抜け毛や薄毛に悩む方は増えてきています。

急に髪の毛の抜ける量が増えてしまったり、男性型脱毛症などのゆっくりと薄毛が進行してしまうなど様々なパターンにより薄毛になってしまいます。若年性脱毛症は男性だけでなく女性でも起こりうるため、日頃から抜け毛予防をしておくことが大切です。

薄毛や抜け毛の原因

若年性脱毛症にはいくつかの原因があります。症状とともにしっかり認識しておきましょう。

ストレス

ストレスが溜まることで自律神経やホルモンバランスに影響を及ぼします。そのため男性ホルモンが過剰になり、その影響が頭皮に対して皮脂の分泌量過多の状態になることもあります。皮脂は肌を保護する役割もありますが、過剰に分泌されてしまうと毛穴を詰まらせる原因にもなるため、抜け毛増加につながることもあります。

内臓疾患

ストレス以外にも抜け毛が急に増える原因に内臓疾患などの可能性もあるため、抜け毛が増加してその状態がしばらく続いてしまうようなら、医療機関で診察を受けるようにしましょう。

生活習慣が乱れる

抜け毛増加の原因にはそれ以外にも生活習慣の乱れなども原因になる場合があります。

規則正しい生活が送れず不規則な生活をしていたり、また運動不足なども抜け毛増加につながります。そのため、生活習慣の修正をすることが重要でもあります。また運動不足を修正していく場合には、あまり集中的な運動をするのではなく適度な運動をする習慣を心がけていきましょう。

過度に運動をしてしまうと体への負担が大きくなってしまうため、少しずつ体を慣らしていき、体力がついてきたら運動量を増やしていくといいでしょう。運動不足を解消することで代謝機能の低下を防ぎ、また血流をよくすることにもつながるため抜け毛予防になるでしょう。

血流を良くして栄養を運ぶ

血液は栄養を頭皮にも運ぶため、血流悪化は健康的な髪の毛の維持に影響が出てしまいます。

そのため適度な運動をして血流の悪化を防ぎ、しっかりと栄養を頭皮のすみずみまで送り届けることが出来るようにすることで、健康的な髪の毛を維持することに繋がり、また髪の毛の育毛にもいい影響を与えるでしょう。血流を良くすることと同じく、血流が悪くなるような喫煙なども減らしたり止めたりするのも1つの方法です。

また、若年性脱毛症の中でも生え際や全体的に抜けるのではなく、一部だけなどの集中的に円形脱毛症のように抜けてしまうこともあります。時々でも頭皮全体をチェックするのも良いでしょう。

抜け毛が増加してしまわないように、日頃から生活習慣や食生活が乱れないように心がけ、乱れている習慣などがある場合には出来るだけ修正していくことが大切です。