薄毛を諦めていませんか?諦める前に治療するべきです!

男性にとって性的な悩みと同じ位に髪の問題は重大です。性的な悩みは言わないと分かりませんが、髪は言わなくてもバレてしまいます。年齢が増せば多少は諦めもつきますが、若いしかも10代からとなるとこれは大変です。AGAなど若い方が治療の効果も高いので諦めずに治療スタートしましょう。

*

遺伝だと思っていたら大間違い!増えている若い人の薄毛

      2016/08/19

薄毛に悩む人は年配者だけではありません。近年では若い人でも薄毛や抜け毛の増加という悩みも増えてきています。

遺伝によって薄毛になりやすい体質が受け継がれるということはよく耳にしますが、薄毛になる原因は遺伝だけではないとも言われています。

生活習慣の乱れなどが原因になることもある

比較的若い世代で薄毛に悩む方の多くは、生活習慣や食生活の乱れ、またストレスなどによっても原因としてあげられます。また、頭皮や髪に対して紫外線によるダメージなども抜け毛増加に繋がると言われています。
そのため若い世代で抜け毛増加を予防するならば、これらの原因となるものをできる範囲で修正していくことが大切です。生活習慣では抜け毛増加に繋がるものとして、睡眠不足や運動不足、またタバコなどを吸う習慣などがある場合です。

    ●不規則な生活

不規則な生活を送っていると自律神経やホルモンバランスに影響がでてしまい、発汗作用また男性ホルモンが増加して、皮脂の分泌量過多の状態になることもあります。

これが頭皮環境を悪化させてしまうこともあり、頭皮の状態を整えるためにはある程度規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

    ●運動

運動を適度に行うことも大切です。

血流を良くすることに繋がり、髪の毛や頭皮に対してスムーズに栄養を送り届けることが出来るようになります。

    ●タバコ

タバコなども血管を収縮させる作用があるため、できるだけ禁煙をすることで血流に影響を及ぼさないようにすると良いでしょう。

    ●食生活

食生活では体に必要な栄養を摂取するために、栄養が偏らないようにすることも重要です。

栄養が偏ってしまうと体調不良などになりやすく、頭皮に対して栄養が不足してしまうと健康的な髪の毛が成長していかないことになります。また抜け毛などにもなりやすくなるため、しっかりと栄養バランスのとれた食生活を心がけていくことも予防策の1つとなるでしょう。抜け毛にはタンパク質が良いとされています。

    ●ストレス

ストレスは溜め込んでしまうと胃腸などに影響が出てしまい、またその他にも精神的な病や自律神経やホルモンバランスなど様々なものに影響を及ぼします。

出来るだけストレスが溜まらない生活環境を作り、悩みなどを抱えている時には友人や家族などに相談することもストレスをある程度軽減することに繋がるでしょう。

    ●紫外線

外出時には紫外線を防ぐことも重要です。

直接、紫外線を頭皮に浴びてしまうとこれも抜け毛増加に繋がるため、日傘や帽子などを使って、紫外線を防ぎ予防策としましょう。男性の場合は日傘や帽子は難しいと思いますので、最近ではUVカットの出来るスプレータイプの日焼け止めが出ていますのでそれを使うのも良いでしょう。